これぞ地下室

誰からも邪魔されない「宇宙」から世界へオーディオ趣味を発信する

 この地下室はわずか12坪=24畳(階段室3畳含む)ですが、一人で楽しむプライベートの地下空間としては大きな地下室でやや贅沢な感じでしょうか。オーナーはオーディオ鑑賞が趣味でこの空間はご自宅の建替えに合わせて私たちにリクエストしてこられました。建物は12坪X3層=36坪の住宅です。(全体工事費ははじめからかなり圧縮された予算でした<笑い>のでほとんど贅沢はしていませんが基本仕様は確保しています。)
 仕事から帰ると時間を忘れて正面の大型スピーカーの自作に没頭し、朝になると仕事に出かけるという毎日だったとこれまでを振り返られてお話くださいました。また、最近のメールでは、この趣味が世界を駆け巡ってフランスのオーディオ雑誌の編集者の目に止まり、昨年末に取材を受けたそうです。私も過日体験させていただきましたが、この自作スピーカーが唸るときは音圧で約120dBという爆音になり、完全に地下室自体がスピーカーの箱になるので“心身ともに音の中に身を置く”感覚となります。聞き始めはうるさい感じで「オイ!オイ!」と思っておりましたが、5分もすると不思議なもので私の耳はこの爆音を自然に受け入れて『心地よくなっていく』のが不思議です。ちょっと癖になってしまいます。
 最近ではオーナーを知る音響ファンが徐々に増え始めているそうで、こうしたファンのために1本1本スピーカーを作って差し上げて、とうとうこの趣味が嵩じて事業化を進めているのだそうです。
 ともすると、自己満足で自己に埋没しがちな私たちの趣味ではありますが、こうして原点となる「地下室」を手に入れたところから進化が始まり、これが徐々に花開いて事業化へと進み、意気揚々と日々を楽しむオーナーを拝見して、私もとてもうれしく思います。
「地下室」とのご縁に感謝しています。               (お客様の近況から:小杉卓)

当社の実例の一部をご覧ください

(株)ヴァンクラフト空間環境設計は ISO9001の認証を取得している CM・アーキテクツ有限責任事業組合ISO部会の正会員として 品質マネジメントシステムを確実に運用しています (2011/6/22認証取得)
その実例の一部をご紹介いたします

たとえばこうした空間を実現しました。
40畳プライベートシアターK邸
40畳プライベートシアターK邸
メディアでも多数紹介---
●トゥナイト2(2001年4月25日放映)
●mono(モノ・マガジン)(2001年5月2日号に掲載)
>> MONO ONLINE 家は最高の遊び道具だ!
110畳スタジオ(テナントビル)カーロビル
110畳スタジオ(テナントビル)カーロビル
天井高さ:4mにて設計されたスタジオの準備中の内部を実感する
>>カーロビル案内
光のさすゲストラウンジ A雪谷オーナー邸
光のさすゲストラウンジ A雪谷オーナー邸
ゲストラウンジ+和室+主寝室+書斎+浴室+洗面室+WC +納戸+階段室+ドライエリア2面・・・合わせて96畳分
その他はこちらから
>>地下室こだわり検索

どうしたら地下室は安く作れるの?

どうしたら地下室は安く作れるの?にお応えしています。理由はいくつもありますが、地下空間への発想の豊かさと工事実績が多さが、次なる空間へのヒントを生み、それが工事費を低価格化へ誘導してくれます。つまり設計監理実績や工事実績の技術が答えとなります。

具体的には山留め、掘削土量、コンクリート量、鉄筋量、型枠量と人件費で地下室の工事費はほぼ決まります。それほど複雑な工事はなく、工事期間も概ね1ヶ月、長くても2ヶ月程度です。ですから、工事費が高くなる理由や要因は少ないはずです。が、工事費が高くなるのはなぜでしょうか? それは、業界特有の悪しき工事発注システムなどに費用がかかるからです。つまり、工事費を押し上げるこうしたいくつかの要因を精査し、問題解決を事前に行うことで低価格は実現できるのです。
詳しくは無料相談にてお応えさせていただいております。お気軽にご相談ください。

お申し込みは コチラ へお願いします。

 

ページトップ