line
conner conner 地下に関して
地下ガレージについて教えて下さい
conner
2002/07/12#1 AT様 ( 神奈川県川崎市 )
conner

私は、今年の1月に建築家に自宅の設計を依頼し、現在基本設計がほぼ完了し
ております。半地下ガレージに関して、教えて戴きたく、メールさせて戴きました。尚、相談費用については、送金させて戴きますので、御連絡戴ければ幸いです。ご教示の程、宜しくお願い致します。

*質問

  (1)防水工事の方法(種類と特徴)
  (2)コスト(単位面積当たり、(1)との関連に於いて)
  (3)掘る深度は、コストに影響するか。(私どもの場合、半地下)
  (4)掘った土を、庭に入れると、残土搬出より費用が減るか。
  (5)台風、集中豪雨などの場合の対策。

その他、考慮すべき点、注意点、参考意見等があったら、ご指導下さい。

物件情報:

1.背景
  ・半地下ガレージは、基本設計の途中から採用した。
   従って、当初の建築予算には入っていなかった。
  ・地下ガレージの検討時、設計士に「費用はどんなものでしょうか」と
   聞いたら、「そんなに掛かりませんよ。百万位ですよ」と返事が
   返って来た。
   そんなに安いはずはないと思ったが、その他に種々の問題があり、
   半地下ガレージのコストのことは我々(施主)の頭から抜けていた。
  ・基本設計終了時点に設計士から、半地下ガレージの土木工事見積を
   見せられて驚いた。
   土木工事だけで、850万円
   (消費税なし、地中埋設物含まず、 内外装含まず、構造計算料金別途)。

2.概要
 (1)土地
   ・ひな壇状の分譲地(約35年前の三井不動産分譲地)。
    面積74坪、南道路、若干縦長の長方形。
    道路より約65cm高い。
 (2)半地下ガレージと建物
   ・建物の下に半地下のガレージを作る。シャッター付き。
   ・ガレージから階段で建物に入る。階段は、地下〜2F迄繋がる
    ボックスタイプの回り階段。
   ・ガレージと階段の間に物置がある。
    (階段の位置の都合により副次的に発生)
 (3)道路からのアクセス
   ・道路からスロープで、半地下ガレージに車を入れる。
 (4)地質調査結果
    8測定点のスウェーデン式調査の結果、
      ・1m位盛り土である。
      ・地下水位が20〜30cmの所が2ケ所ある。
 (5)残土の処理
   ・掘った土は、庭に入れる。

3.諸元
 (1)面積
   ・地下総面積 55.3平方m
      ガレージ部分5.46m×7.28m(39.75平方m)
      車2台並列。
      奥全面収納。
 (2)地下部深度
   ・約1、5m
 (3)スロープ(道路からガレージ入り口まで)
   ・長さ 約8m。
                           以上

 conner  conner

<はじめに: この回答はご相談のあった2002年7月に
       すでにご相談者あて回答したものですが、
       当相談コーナーのシステム改善の都合上、
       再度編集して掲示しております、ご了承ください。
 尚、金額的な内容は時間変動しますので、新規にご相談下さいます様お願い致します。>




>   (1)防水工事の方法(種類と特徴)

これはノウハウなのでお教えすることができません。
基本的には大型のビルの基礎(地下)を造る工法と同じです。

>   (2)コスト(単位面積当たり、(1)との関連に於いて)

半地下であっても掘削土量が違うくらいでやらねばならないことの大半は
全地下も半地下も変わらないと思います。

今回の場合は道路面から0.65m敷地が高いとはいうものの
敷地面から1.5m掘削するわけではなく
地表面から2.15m掘削することになると思います。

深度2.15mですが天井高さは1.8mくらいでしょうか?

工事費用は概ね590万円程度かかります。
これにはスロープの工事費用は含めれておりません。

>   (3)掘る深度は、コストに影響するか。(私どもの場合、半地下)

同じ面積で深度を2.55mに40cm深くした場合は
掘削土量が増えますし、深度に応じたコンクリートや鉄筋量が増えますが
概ね630万円程度です。

私のところの地下室はコンクリートの地階床面から1階コンクリート床スラブ下面までの
躯体間有効天井高さは2.75mが標準です。

この時、最下面の基礎底盤コンクリートスラブ厚さは25cm
1階スラブ厚さは20cmで基礎底盤下まで地表面から−3.2m(深さ)まで掘削しま
す。

こんなに深く掘るので当然掘削部分周囲には6m程度のレールを打ち込んで
これに山留板(横矢板)を入れ
周囲の土が内側に倒れてこないようにしなければなりません。

ビルの基礎(地下)を造る場合とほとんど同じことをやっています。
当方の住宅の地下室はこのように完成します。
誰もがやっている工事ですから特殊な工事ではありません。

地上には10cmだけ地下のコンクリート床が露出します。

この工事費で概ね700万円/坪単価583000円です。

つまり24畳の地下室の工事費がこの内容となります。

仕上げはコンクリート化粧打放し仕上げです。

上記見積りにはスロープの工事費や設計監理料は含まれておりません。

>   (4)掘った土を、庭に入れると、残土搬出より費用が減るか。

残土処分費用は軽減できますが残土処分量約100m3に対して
残土処分費用は60万円程度ですから
これが半分になるかどうかというところだろうと思います。

>   (5)台風、集中豪雨などの場合の対策。

雨水について言われているのだろうと思いますが
排水設備は必須です。
  

>  その他、考慮すべき点、注意点、参考意見等があったら、ご指導下さい。

ちなみに天井高さ2.75mの
24畳の地下駐車場の隣りに同じ大きさの地下室を作ったら工事費は?
概ね1050万円(税別)/坪単価435000円

それでは24畳の地下室を「田の字」型に造ったら工事費は
概ね1800万円(税別)/坪単価375000円というように

大きくなればなるほどコストメリットが倍化します。
これが地下室工事の特徴なのです。

地上の建物空間にお金を掛けるくらいなら
できるだけ地下室を大きくすること(24畳の部屋が3つと
駐車場がひとつできてしまう「怪」)の方が
お金の使い道としては有意義なのです。

これはちっとも不思議なことではありません。

conner
conner