line
conner conner 検討中(契約前)
工事内容
全体
持ちビル
建築予備費
conner
2000/06/13#1 TH様 ( 埼玉県草加市 )
conner

はじめまして、宜しくお願い致します。
昨年12月に1階テナント2、3階住居&賃貸マンションの3階建てビルを1億3千万銀行より借入し建てました。

建築前の打合せで、予算に予備費300万とあったので「使わなければ返金してもらえるのか?」ときいたところ、「もちろん返金します。」といわれました。今年1月に清算してほしいと建築業者に問い合わせたところまだ計算ができていないといわれ、ようやく6月になって清算の件で話がしたいと連絡がありました。

この予備費というのはほとんど返金されないものなのでしょうか?また、予備費を使うということを建て主に事前に連絡しなくていいものなのでしょうか?(すでに銀行から建築業者へ支払い済みです)

建築業界のことを勉強せずに建ててしまい、いろいろ疑問点や反省点があります。”今度”があるかわかりませんが、勉強していきたいと思いますので宜しくお願い致します。

 conner  conner

<はじめに: この回答はご相談のあった2000年6月に
       すでにご相談者あて回答したものですが、
       当相談コーナーのシステム改善の都合上、
       再度編集して掲示しております、ご了承ください。
 尚、金額的な内容は時間変動しますので、新規にご相談下さいます様お願い致します。>



一般的にこの「予備費」という枠を契約工事額の中に含めることはありません。
あなたは騙されました。

> (すでに銀行から建築業者へ支払い済みです)

どうしてあなたを経由せずに銀行から建設会社に工事費が支払われるのですか?
(最近では建設資金名目以外での施主の使途に金融機関が融資先を監視するケースが出てきました)

あなたはなぜ工事費の支払いに同意しましたか?
すべてにおいて納得して「支払いの同意」をしたのでしょうか?
「予備費」はあなたの「懐刀」ですよ。信じられません。

常識として「予備費」という項目は計画案の予算書の中だけでのことです。
いくら「予備費」と書かれていてもこの費用の行使はあなたの采配です。
こうしたことは建設会社も銀行も教えてくれないのでしょうか?
もしや銀行融資と建設会社がセットになってはいませんでしたか。

たとえば、今回の工事に関して
銀行に建築の話をしたら建設会社を紹介してくれたとか・・・。
逆に建設会社に話をしたら銀行を紹介してくれたとか・・・。

この関係は10年前のバブル期のままです。

あなたが信じてしまう理由もありますが、
あなたはまんまと料理されてしまっています。
相手の口車に乗って、すべてを相手に委ねてしまえば
相手はいろいろなことを言いながら、結果この費用は返ってこない・・・。
最終金としてあなたはこの300万円までも含めて支払ってしまったのでしょうか?

一般的には最終金は最後まで残さねばならないお客様側の「砦」です。
これを支払ってしまえば何を以って建設会社と戦うのでしょうか。

あなたの性格をこのメールから判断しますと
恐らく今回のビルの工事費は1億3000万円はかかっていません。
1億円にも達していないように思えます。

でもこれらを指摘したところでその差額は返ってきません。
なぜなら、この費用は建設会社の「売上げ」になってしまっています。
ましてや建設会社の決算期が昨年の12月以後今までにあったとすれば
これは確実に「経理事実」になって、税金の申告まで至っています。
経理上これを返金するにはそれなりの手続きが必要です。

また、契約書に工事金額が記載されていますので修正のしようがありません。

さらに、「売上げ」になったものの証として、
あなたの基にはこの工事の領収書が届いているはず。
これら領収書をすべて集めれば1億3000万円になっていませんか。
ご確認ください。

この領収書の合計が1億3000万円に達していなければ
あなたの手元にまだ残金が支払われず残っているわけですので、
支払いを待ちます。
もし、支払ってしまった場合は相手のいいなりです。

唯一、対抗手段があるとすれば
それは「第三者」に今回の工事に関する見積書と
現地の竣工建物をチェックし、減額項目を列記して不服を申し出ることです。

このチェックを行うことで300万円は戻ってくるかもしれません。

あなたは支払った額に応じた税金まで取られています。
予備費の消費税(15万円)ももちろんですが、
建設費総額に対しての不動産取得税までも多く支払っています。

「お客様のため」と言いつつ、こうしたことまでフォローしていない
建設会社の常識を疑います。

絶対に300万円は取り返しましょう。

conner
conner