擁壁・地下室・地下車庫・屋上・エレベーター付属・4層都市型住宅

ちょっと待ってその既存擁壁! まずは診せてください!

地下車庫4台+ホームシアター・低価格大型地下室で繋がる二世帯住宅

既存擁壁や既存地下車庫があっても・なくても快適な住まい!

・工事費高騰は工事結果から生じる事象の処置方法を知らないからである!
・工事費高騰は設計・施工段階の全場面でリスクを見込み過ぎるからである!
・工事費高騰は作り方を知らないから各種建材数量が過剰になるからである!

新着情報
現場NOW
[2016/05/26]
【千葉県習志野市】この「天井高3.2mの大型地下室の家」は初回のご面談では「天井高さ5.0mの地下室」をご希望されてのご相談からスタートでした。音響空間を大事にされる方はほとんど同じように天井高さを指定してきます。  天井が高い地下室はこれまでに設計監理しておりますので、私としては何ら問題のないことなのですが、実際に土地を拝見し、土地を試験掘削してみると地下水位(常水面)は約1.35mと浅く、水量もかなり多めでビックリでした。  この土地では「止水絶対」となるため工法選定も「止水」最優先となり、止水のためのシートパイル(8m)を大型トレーラーで現場搬入する規制・制限から逆算し、天井高は3.2mに落ち着きました。  また、敷地は砂地層のため「液状化」対応も必須ゆえ、マグニチュード8を想定した「基礎杭」を入れ、さらに地盤改良杭も入れて強固な地盤に改質させました。費用は「基礎杭」も「地盤改良杭」も分離発注にて軽減できています。  地下室の広さは45畳ありますが、全体を前室(階段室等)・8畳と音響室・37畳に分けてます。  地上部は充実の木造2階建プランで屋上付とし、小屋裏には「全館空調設備システム」機械室を設け、建物の全居室の室温・湿度をコントロールします。この「全館空調設備システム」も分離発注にて費用軽減しています。竣工・引き渡し
[2016/04/02]
【千葉県柏市】この「高さ3.5m段上の家」は一般の人ならスルーしてしまう特殊な地形の土地の購入相談からスタートしました。落差7mの階段道路の踊り場が敷地上面の高さで、下の道路からは約3.5mの高さがあります。背部には敷地端から3.5mの擁壁が立ち上がり、その擁壁の上に隣家が建っており、かなり工事が難しそうな土地でしたがこれまでの経験を生かして取り組めば快適な建物ができるので設計をお引き受けしました。前述の通り、初期からご相談を受けできたので的確な設計をしながら、キャリア付きワンボックス車2台分の地下ガレージ、隣接して自転車と大型バイク2台のガレージ、階段室を経由して地下と1階との間に横入りの大型収納を確保することができました。また、地上部はこれら地下室郡の上に木造2階建をプランしていますが、大型の2階吹抜けは将来的に家族構成が変わった時に部屋にできるようにしてあります。お客様自らが部分セルフビルドで自宅を造りたいというご希望もあり、ストーブやキッチンなどにもお客様の思い入れが入ります。お客様はこの土地を安価で購入できたため、余剰したお金を建物に回すことができて思いが叶っていきます。法律で階の高さが3.5mを超える建物は構造形式がラーメン構造出なければならないので構造体を工夫しています。竣工・引き渡し
美しき流線のごとく スタッフルーム

ヴァンクラフト空間環境設計はコスト意識を持ったデザイン事務所です

--- 擁壁・地下空間と地上空間の融合 一体構築物設計のプロフェショナル---

  • 段状地、傾斜地、既存擁壁を利用する地下室・車庫・擁壁築造技術
  • 地下水位GL−1.0mの土地での地下室築造技術
  • ハウスメーカーと同一予算で2割増しの価値ある建物を造る技術
  • 狭小・変形・大空間・あらゆる「空間」に対応した技術
  • 耐震シェルタ・防災シェルタ・防爆シェルタ・津波シェルタ築造技術
  • 密実でコンクリート表面が光る美しいコンクリートを打設する技術
  • 既存擁壁を安心・安全にどのように利用するかを提案できる技術
  • 法規制の階高3.5m超、天井高5m超の柱・梁なし大型地下室技術
  • 設計のみ、工事監理のみ、コンストラクションマネジメントもできる技術